Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

ノロウイルス新型が流行!症状と予防方法を事前にチェック!

   

ウイルス

「新型のノロウイルスが流行している」とテレビなどで言われていますが、これまでのノロウイルスと新型とでは、いったい何が違うのか気になりますよね。

今年は2006年に大流行した時以上に、流行しそうだと言われています。
そこで、ノロウイルスの症状と、予防するにはどうしたらいいのかまとめています。

スポンサードリンク

ノロウイルスの新型が流行!今年の傾向は?

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年を通して発生しているのですが、特に11月以降に本格化します。
今年は10月以降、全国各地でノロウイルスの集団感染が報告されており、例年より早い流行をみせています。

今年、川崎市健康安全研究所と国立感染症研究所などのグループが調査したところ、これまでのウイルスと違う型(=新型)が発見されました。

新型が流行すると、私たちはそれに対する免疫がないため、通常よりも感染しやすくなります。
2006年にノロウイルスが大流行したことがありましたが、その時も新型のノロウイルスが発見され、感染者が増えてしまったのです。

このまま新型が広まると、2006年に流行した時以上の大流行になりかねないということで、私たち自身も予防に努めなくてはいけません。

ノロウイルスは、乳幼児や高齢者の場合特に重症化しやすいので注意が必要です。
健康な大人は免疫力の働きで、感染しても発症しない、もしくは感染しても軽症で済むことが多いのですが、新型に対しては免疫がないため、感染してしまう可能性があります。

そこで、どのような症状が出たらノロウイルスを疑うべきか、ノロウイルスの症状について知っておきましょう。

ノロウイルス新型の症状は?

ノロウイルスの潜伏期間はとても短く、感染してから24時間~48時間で症状が出てきます。主な症状は…

・嘔吐
・下痢
・腹痛

これらの症状が数日続きます。
ひどい場合は、トイレから離れられないくらい嘔吐や下痢を繰り返すことがあります。

風邪をひいた場合も同じような症状が出ますが、冬季にこのような症状が出た場合は、ノロウイルスの感染を視野に入れて、予防対策をとるようにしましょう。

というのも、ノロウイルスの感染力はとても強いのです。
家族のうちの1人が感染したら、そこから次々に感染し、気づけばみんながノロウイルスに感染していた…ということも。

では、実際にどのように予防すればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

ノロウイルス新型の予防法は?

新型と言えども、感染経路はこれまでのノロウイルスと同じです。
ノロウイルスの感染経路には次のようなものがあります。

ノロウイルスに汚染された食品を摂取

・ノロウイルスに汚染された二枚貝を生あるいは十分に加熱せずに食べた場合
・ノロウイルスに汚染された井戸水や水道水を消毒不十分で飲んだ場合
・ノロウイルスに感染した人が調理したものを介して、汚染した食品を食べた場合

人から人への感染

・家庭や職場、学校など人同士が接触する機会が多いところで、感染している人の咳やくしゃみ、つばなどを介して感染(飛沫感染)
・ノロウイルス感染者のふん便や吐ぶつから、人を介して二次感染した場合
・ノロウイルス感染者が触れたスイッチやドアノブにウイルスが付着しており、そこを介して二次感染した場合

 

食品に関しては、生の状態で食べるのを控えたりすることで避けることができますが、人からの感染は自分から対策をとることが必要です。

ノロウイルスに限らず風邪やインフルエンザなど感染症予防に「手洗い」は必須です。
帰宅した時、食事を食べる前、トイレの後など、普段より徹底して行いましょう。

ノロウイルスは非常に小さく、手のしわなどに深く入り込むのでしっかりと洗い、流水で十分に流します。
手洗いの後に、消毒用アルコールを手にすりこむとなおいいですね。

また、不要な外出は避け、外出する時にはマスクをすることも大切です。

万が一、家族に感染者が出た場合は、ふん便や吐ぶつの処理に細心の注意を払いましょう。

処理をする人は、マスク・手袋・簡易エプロンを必ず着け、汚物中のウイルスが飛び散らないように、ふん便、吐ぶつをペーパータオル等で静かにふき取ります。

ふき取った後、次亜塩素酸ナトリウムで床を消毒し、その後さらに水拭きをします。
処理した汚物と、処理する時に使ったものは全てビニール袋に密閉して廃棄します。

吐しゃ物や便が付着した衣類、タオルなどは、85℃のお湯で1分以上煮沸消毒をする、もしくは次亜塩素酸ナトリウムに30分浸した後、他の衣類とは別に洗濯をします。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方はこちらが参考になります。
>>ノロウイルス消毒はアルコール?次亜塩素酸?ハイターでの作り方!

煮沸消毒や、次亜塩素酸ナトリウムで消毒できそうにないものは、思い切って捨てることも大切です。
きちんと処理をしないとウイルスが蔓延し大変なことになってしまうので、早めの処理を心がけましょう。

まとめ

我が家は、まだ誰もノロウイルスに感染したことがないのですが、友達に聞くと本当にしんどくてもう二度と経験したくないといいます。
特に、お母さんが感染してしまうと子供のお世話や、ごはんの調理などができなくなって大変なことになってしまいますよね。

新型ノロウイルスの動向をニュースなどで確かめながら、手洗いなどをしっかりしていきましょう。

スポンサードリンク

 - 病気・ケガ ,