Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

餅にカビ 食べられる!?防止するには?保存方法に冷凍は?

   

お餅の保存

お正月を迎える前に用意するお餅。
我が家は、私をはじめみんなお餅がだ~いすき♪
毎年、購入しているのですが、実家からもらったりして、おもちが大量にあまる…なんてこともしばしば。

そんな時に困るのが、おもちの「カビ」!
あなたは、カビのはえた餅をどうしていますか?

今回は、餅にカビがはえた時に食べても良いのか?防止方法はあるのか?また、冷凍保存は可能なのか、まとめています。

スポンサードリンク

餅にカビが 食べられる?

お正月に飾ってあった鏡餅にも、よくカビが生えていました。
そんな時、うちのおばあちゃんは

「カビのある部分を削って、よく焼いたら食べられる!」

と、言っていました。
でも、なんとなく私は嫌で食べなかったのですが…

やはり、カビの生えたお餅は食べない方が良いのです!

お餅に生えたカビを削っても、よく焼いてもカビは死滅しません。

また、表面を削ったとしても、カビは根の深いところから生えるという特徴があるので、カビが表面に見えているということは、内部もカビでいっぱいだということΣ(´□`ノ)ノ

カビにも色んな種類があります。
中には毒性の強いものがあったり、発がん性物質が含まれていることもあります。
また、アレルギー体質の方はカビの生えたものを食べると症状がひどくなる傾向があります。

昔の人はよく削って食べていたというけれど、やはり自分ではそのカビがどんなカビか見分けはつきませんし、体に良くないとわかっているからにはカビの生えたお餅は食べないにこしたことはありません。

餅のカビ防止にわさびが良いの?

せっかくのお餅、できたら長持ちさせたいですよね。
では、お餅のカビ防止にどんな方法が良いのかご紹介します。

スポンサードリンク

わさびで保存

夏場にお弁当グッズコーナーに行くと、わさび成分の入った「抗菌シート」を見かけたりしませんか?
実は、わさびには殺菌効果があるんです。
これは、お餅の保存にも活用できます。

まず、お弁当などに使うアルミカップに、練りわさびをひと絞り。
そして、そのわさびとお餅をタッパーに入れて保存するだけ。

決して、お餅にわさびを直接塗ったりしないでくださいね~!
気になるにおい移りですが、焼いたり、煮ると全くしないので安心してください。

和からしで保存

からしも、わさびと同様にお餅の保存に適しています。
和からしの粉が、スーパーのスパイスコーナーに置いてあるので探してみてください。

この和からし粉に水を入れよく練ります。
この時、水を入れすぎず、少し硬めに練るのがコツ(味噌より硬めが良いです♪)

そして以下の手順で準備します。

・タッパーの底にまずラップを敷きます
・そのラップの上に練った和からしを5㎜くらいの厚さに広げます
・さらにその上にラップを重ねます(ラップの間に和からしを挟む形)
・その上にまき簾を敷きます
・その上にお餅を並べて、ふたをして保存します

この和からし保存法は、少し手間がかかりますが約1か月ほど長持ちします。
下の、塗りからしを途中で新しいものに交換すると、なお良いですよ。

餅の保存方法に冷凍はできる?

お餅が最初からあまることが予想される場合は、冷凍保存が一番おススメです。
お餅を1つ1つラップで包み、それをジップロックなどの密封袋に入れて空気を抜きます。
あとは、冷凍庫に入れるだけ。

冷凍庫から出したお餅の食べ方ですが、冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍すると良いですよ。

「早く食べたい~」という時は、水が入ったタッパーにお餅を入れます。
この時、お餅全体が水につかるようにします。

そして、1個なら600wの電子レンジで約2分ほどチン♪
ふわふわのお餅がよみがえります!

まとめ

お餅は早めに食べるのが一番ですが、お餅大好き家族の我が家としては、ストックしておきたいので、よく冷凍保存をしています。
水にくぐらせて電子レンジ解凍をすると、とろーっ、ふわーっとしたお餅が出来上がり、きな粉ともよく絡んでおいしいですよ~。
今年のお正月のお餅があまったら、ぜひお試しください♪

スポンサードリンク

 - 暮らしの知恵 ,