Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

結婚式準備を手伝ってくれない…リストで見える化!イライラ対策は?

   

ケンカするカップル

式場が決まり、これから色々と結婚式の準備をしないといけないのに、何にも手伝ってくれない彼…。
私たち2人の結婚式なのに!!これからこんなことで大丈夫なのかな?

結婚式の準備は、『夫婦の最初の試練』とよく言われます。
せっかくの2人の式ですから、彼にも理解してもらうためにはどうしたらいいのか私の実体験と、イライラした時の対策を伝授いたします!

スポンサードリンク

結婚式の準備を手伝ってくれない彼!どうしたら?

「あんなに優しい彼が…」
「いつもは積極的な彼が…」

結婚式の準備を全く手伝ってくれない彼に対して、私の周りの女性たちもこのような言葉をよく言っていました。
でもね、彼は結婚式の準備を手伝いたくないわけではないんです。

結婚式って、女性の方が憧れやこだわりを持っている傾向があり、男性は逆に結婚式に対してあまり理想などがない人の方が多いんです。

うちの主人は結婚式の準備中に「結婚式はお前が主役だから」とか「お前のやりたいようにしたらいいよ」とよく言ってました。

つまり、「主役は花嫁で、俺は脇役」くらいの気持ちなんです。
その違いが、結婚式の準備に対する温度差となって表れてくるわけです。

彼も同じようなことを言っていませんか?

決して、結婚式の準備が嫌なわけでもないし、あなたに対する愛情が冷めてきたわけでもありません。
男性は特にこだわりがないから何も言わないのですが、それを私たち女性は『意見を言わない=興味がない』と思いがちなのです。

逆に、あれこれ意見を言う彼の場合、あなたの希望が通らなくてイライラすることが多くなると思いますよ^^

そして、男性には次のような傾向もあります。

・結婚式に関する情報量が少ない
・結婚式が現実化できていない
・まだまだ時間に余裕があると思っている
・女性と違って同時進行が苦手

そこで、私が主人に準備を手伝ってもらうために行ったことをお話したいと思います。

結婚式の準備リストを彼と一緒にチェック!

ゼクシィなどの情報誌にもよく付録としてついていますが、結婚式の準備一覧表(ToDoリスト)を、彼と一緒にチェックしてみましょう。

>>結婚ToDoリストを見てみる

うちの主人は、最初にこのリストを見た時に「こんなにやることあるの?」ってビックリしてました。
プランナーさんから事前に頂いた資料は大まかな流れだけだったので、きちんと理解してなかったようです…。

スポンサードリンク

そして、「○○にやってもらいたいのは、コレとコレと…」という感じで、具体的に説明して、それに関する関連資料などがあったら、雑誌やネットを見せたりしました。

つまりやるべきことを「見える」ようにすることで、彼により現実化してもらおうと思ったのです。

私は主人と先に入籍を済ませて一緒に住んでいたので、2人の見えるところにToDoリストを貼っておいて、終わったものにはチェックを入れ、期限のあるものにはふせんを貼ったりして、お互いがどこまでできているのかを確認していました。

ただ、主人の仕事が忙しいこともあるので、プランナーさんから指定された締切日より少しだけ早い日を私たちの締切日にしておいて、ちょっとだけ余裕を持たせるように工夫したりしました。

あと、常に気をつけていたのは、頑張って手伝ってくれたことに対しては感謝の気持ちを述べるようにしました
「え~!もうここまで書いてくれてたの!ありがとう」とか「もうこんなにリストまとめてくれてたんだね~。助かるなぁ」とか、そんな一言でいいんです。
仕事も一緒ですが、誉めてもらえるとやる気が出ますよね。

男性には結婚式の準備も仕事の1プロジェクトと考えてもらうとわかりやすいかもしれませんね。
2人で1つの目標を達成できるよう、どんどんと女性から指示を出してあげるほうが進めやすいと感じました。

結婚式の準備でイライラした時は?

でも、時には彼の言動にイライラすることもあると思います。
そんな時は、プランナーさんに相談したり、友達に話したりすることで発散させましょう。

お母さんに聞いてもらうのも良いのですが、あまり話すぎると「娘の結婚相手は本当にこの人で大丈夫なの?」と心配させてしまうので注意が必要です(^^;)

私も友達からたくさんの愚痴を聞いてきました。
特に、すでに結婚式を済ませた友達に話しを聞いてもらうと、良いアドバイスがもらえると思います。

つい先日も、弟の彼女から結婚式の準備について相談を受けたのですが、自分が経験しているからこそ理解できるし、伝えられることってあるんです。
ですから、先輩花嫁さんにアドバイスを求めることが一番の近道。

彼があまりにも非協力的なのであれば、先輩花婿さんからアドバイスをもらえるような場を設けるのもいいですね。
ただし、その場合も彼に説教するのではなく、「結婚式の準備進んでる?俺も、BGMとか一緒に色んな曲聞いて、思い出にひたったりしたんだよな~」みたいな感じで、自分の経験談を話してもらえるといいですね。

まとめ

私自身は、やるべきことを「見える化」したことで、主人と楽しみながら準備を進めることができました。
やはり結婚式の準備にはお互いが譲りあったり、感謝したりという気持ちが大切だと思います。
夫婦最初の試練を乗り切れるよう、あなたがうまくリードしてあげてくださいね。
素敵な結婚式を迎えられるようお祈りしております!

スポンサードリンク

 - ブライダル・結婚 ,