Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

揚げ物油の処理方法!簡単にできる&大量の時の便利アイテム!

   

油処理

から揚げに、トンカツ、コロッケ~♪と、揚げ物大好き家族がいると、大変なのが作るよりも、後片付け!
油の処理って手間がかかるので、敬遠される方も多いのでは?

かと言って、そのまま流してしまうのは絶対にダメ!
では、揚げ物油をきちんと処理する方法とは!?
簡単にできるアイテムと、大量でも一気に処理できる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

揚げ物油の処理方法、みんなはどうしてる?

私の同僚に、油の処理方法を聞いてみました。
それと合わせて、その油処理方法のデメリットも聞いています。

●新聞紙に染み込ませた後、袋に入れて処理
→油を吸うのに時間がかかる。
量が多い時は何度か新聞紙を変える手間がかかる

●牛乳パックにキッチンペーパーを敷き詰めて、そこに油を捨てる
→牛乳パックがない時の代用に困る。
油漏れすることがある。

●凝固剤を使う
→コスパが悪い。
少量の油を処理する時には不便。
固まりの残りが出る時がある。
固めたものを捨てる時に、結局ゴミ袋とかが汚れる。

●ビニール袋に新聞紙などを入れて処理
→油の温度によっては、ビニール袋が破れる。

と、色んな方法がありますが、みんなそれぞれに納得いかない部分もあるようでした。
そんな中、わが社のスーパー主婦Sさんから良い情報を教えてもらいました!

油の処理を簡単にできる方法!

Sさんが愛用している油処理方法が、この『天ぷら油・廃油処理袋』でした。
この1袋で約500mlの油が処理できるのですが、この袋の中には吸収パッドが9枚入っています。

大量の油を使用した時は、そのまま捨てればOKだし、少量の油の時はパッドを取り出して吸い込ませるだけ。

しかも、このパッドは吸収力がすごく、すぐに吸って捨てられるのがGOOD!

スポンサードリンク

油の処理を大量にする時はこの必殺アイテム!

さっきの方法も良いんだけど、でも大量の油を処理するにはちょっと手間がかかるのよね…なんて日もありますよね。

我が家の場合、運動会の日とか大量にお弁当を作った日は、帰ってきてから油の処理とか面倒だな…なんて思うわけですよ(^^;)

でも、これまたスーパー主婦Sさんから、これを教えてもらってからは油処理がすぐに済んでしまってビックリでした!

このアブラトールジョイを、油に入れてかき混ぜるだけなんですが、油がさらさらの石鹸水状になるので、そのまま排水溝へ捨てることができるんです。

しかも、排水溝のおそうじも一緒にできる手軽さが忙しい主婦には助かります。

まとめ

いかがでしたか?
油は環境のことも考えて、正しい方法で処理することが大切です。

今回ご紹介した方法だと、手軽に油の処理ができて忙しいお母さんにとっては助かりますよね。
これで、揚げ物料理もおっくうにならずに済みますよ^^

スポンサードリンク

 - 暮らしの知恵 ,