Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

免疫力と腸の関係!?腸内フローラのバランスを整える方法!

      2016/10/21

腸内フローラ

免疫力をアップするには腸内環境を整えると良いって聞いたけど、そもそも免疫力と腸にはどのような関係があるのでしょうか?

免疫力アップに関連する腸内フローラのバランスについて、そして腸内フローラを整える方法をご紹介します。

スポンサードリンク

免疫力と腸の関係とは?

私たちの体には病原菌やウイルスが体内に入ってきた時に、病気にならないようそれと戦ってくれる「免疫力」というものが備わっています。

その免疫の最前線で戦ってくれているのが「NK(ナチュラルキラー)細胞」という細胞なのですが、私たちの体の免疫力が落ちてしまうと、NK細胞も本来の力を発揮できなくなってしまいます。

その結果、アトピーや喘息、花粉症などのアレルギーにかかってしまったり、風邪をひきやすくなったりしてしまうのです。

また、その免疫力は年齢とも関係があり、実は20歳をピークに免疫力はどんどん下がっていってるんです。
では、どんどん下がっていく免疫力を高めるにはどうしたら良いのでしょうか?

実は、そこでポイントになってくるのが「腸」なんです。
人の体の中で一番多くの免疫細胞が集まっている場所が「小腸」になります。

つまり、腸を健康に保つことが免疫力を高めることに繋がってくるのです。
そこで大切なのが「腸内細菌」のバランス。

次は、腸内細菌についてお話していきます。

腸内フローラのバランスが崩れると?

私たちの腸内には数百種類、百兆個もの腸内細菌が住んでいます。
この細菌をおなかから取り出すと1㎏~1.5㎏もの重さになるそうです。(実際には取り出せませんが(^^;))

顕微鏡で腸内を覗くと、この腸内の細菌が群がって、お花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。
フローラとは英語で、草むらとか花畑という意味です。

この腸内細菌は大きく3つの細菌に分類されます。

●善玉菌
●悪玉菌
●日和見菌(ひよりみきん)

善玉菌で代表的なのは、乳酸菌やビフィズス菌など。
悪玉菌の侵入や増殖を防ぎ、お腹の調子を整えてくれる「有用菌」とも言われます。

悪玉菌で代表的なのは、ウェルシュ菌や病原性大腸菌など。
悪玉菌が増えると腸内で有害物質が作り出され、便秘や下痢、さらには生活習慣病や老化の原因になったりもします。

私たちのお腹の中では、日々善玉菌と悪玉菌が戦っています。
そして、ここでポイントとなるのが日和見菌。

この日和見菌は、善玉菌がお腹の中で優勢になっている時は善玉菌の味方をし、悪玉菌が優勢になっている時は悪玉菌の味方をするんです。

つまり、善玉菌を優勢に保つことが重要になってきます。

では、悪玉菌を全部なくしてしまえばいいのか…というと、実はそうではありません。
腸内フローラの理想的な状態は

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

と言われていて、この理想のバランスに腸内環境を保つことが大切です。

 

腸内フローラのバランスを崩す要因は?

腸内フローラのバランスを崩す要因には以下のようなものがあります。

・加齢
・食べ過ぎ、飲み過ぎ
・偏った食事
・ストレス
・過労
・くすり、抗生物質
・細菌汚染

腸というと、食生活面が関係してくるのは最もですが、ストレスや過労なども関係してくるとはびっくりですよね!

健康の3大要素は「運動」「栄養」「休養」と言われていますが、腸内フローラに関してもそのあたりを意識する必要があるようです。

スポンサードリンク

腸内フローラを整えるには?

では、腸内フローラを整える4つの方法をご紹介します。

乳酸菌・ビフィズス菌飲料の摂取

ヨーグルトや乳酸菌、ビフィズス菌飲料などを直接摂取することで、腸内細菌の増加が期待できます。
ここでは、「生きたまま腸に届く」と謳われている商品を選ぶといいですね。

>>毎朝すっきりしない方へ。善玉菌のチカラがお得に→先着1000名様

発酵食品を摂る

ヨーグルト、チーズ、漬物、味噌、キムチなどの発酵食品を食べることで、腸内細菌の増加が期待できます。

 

オリゴ糖を含む食品を摂る

大豆やごぼう、アスパラガスなどに含まれる小糖類は、善玉菌の代表であるビフィズス菌の餌となります。
食事から摂るのが一番ですが、機能性食品としてオリゴ糖は色々と販売されているので、そういうものから摂取するのも良いですね。

100万個以上売れてるカイテキオリゴ

食物繊維を含む食品を摂る

豆類、イモ類、野菜、果物、海藻など、食物繊維が含まれた食材を食べることは、腸内環境改善に繋がります。
食物繊維は、胃で消化・吸収されないで大腸にたどりつくので、腸内のクリーニングをしてくれます。

まとめ

腸内環境を整えることは、便通の改善だけではなく、免疫力にも大きな関係があったんですね~。
私もこのことを知ってからは、食生活などに気を配るようになりました。

加齢については、自分ではどうしようもありませんが、それ以外の要因は努力で改善できるものもあります。
免疫力アップのために、腸内環境について今一度考えてみると良いですね。

スポンサードリンク

 - 話題 ,