Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

小学生低学年の読書感想文の書き方と例を解説!コツをつかめば簡単

   

小学生低学年の読書感想文

夏休みの宿題で、頭を悩ませるのが「読書感想文」。

特に、低学年の小さいお子さんの場合は、「どのように書いたらいいの~?」というところでつまづいてしまうことが多いです。

そこで今回は、小学生低学年のお子さんに向けて

・読書感想文の書き方
・読書感想文の例

をまとめています。

スポンサードリンク

小学生低学年の読書感想文の書き方

まず、読書感想文を書く前に用意してほしいものがあります。
それは、付箋(ふせん)。
おうちにあるもので良いですが、できたらメモ書きができる大き目の付箋がおすすめです。

大人でも、本を読んだ後に、「そういえばあれってどこの場面だったっけ?」と記憶があいまいになることがあります。

小学校低学年の子供ならなおさら。
きちんと本を読んでいても、断片的な記憶しか残らないことがあります。

そこで、付箋を活用するんです。
本を読んだ中で(もしこれから読むなら読みながら)、次のようなところに付箋を貼ります。

・感動したところ
・ビックリしたところ
・悲しいと思ったところ
・お友達にも教えてあげたいと思ったところ

このような、お子さんが気になった点に付箋を貼ってもらいましょう。

ただ、数が多くなってしまうとまとめるのが大変なので低学年のうちは2~3ヶ所くらいがベストです。

そして、その付箋にどうしてそこに付箋を貼ったのかメモします。

例えば…

・○○がここで怒ったことは、えらいと思った
・○○がまさかホームランを打てるとは思わなかった

など、箇条書きでOKです。
ここで、このように自分の気持ちをメモしておけば、まとめるのがとても楽になります。

小学校低学年のうちは、親御さんも一緒に本を読んであげると進めやすいと思います。
音読しながら、お子さんが「え~!」などと反応したところに付箋。

「どうして驚いていたの?」と問いかけてあげたりすると、お子さんも自分の意見を言いやすくなりますよ。

小学生の読書感想文の例

では、次に感想文の書き方を例を交えて説明していきます。
低学年のお子さんの読書感想文は、3つの構成で書いていくと簡単です。

1.はじめ

まずはじめに、どうしてこの本を選んだのかを書きます。

・お兄ちゃんが読んで楽しかったと言っていたから
・本屋さんに置いてあって絵が素敵だなと思ったから
・作者さんの他の本を前に読んでおもしろかったから

このような感じで、お子さんが選んだきっかけを書きます。

スポンサードリンク

2.本題

次に、その本の簡単なあらすじと自分の感想を述べます。
ここで、さきほどの付箋を活用していきます。

付箋をつけた中でも、一番自分の心に残ったものを選んで書いていきます。

①心に残った言葉や出来事を簡単にまとめる
②その場面を読んで、自分はどのように感じたのかを書く

付箋に書いた言葉を用いて、どうしてそのように感じたのかもう少し言葉を付けたします。

この時に、国語作文教育研究所の宮川俊彦さんが提唱する「な・た・も・だ」を使うと文章がより広がりやすくなると言われています。
私も学生の頃によく使っていました。

「な・た・も・だ」というのは、

な…なぜなら
た…たとえば
も…もしも
だ…だから

の頭文字を取ったもので、感想文だけでなく色々な文章作成に使える技です。

この本題の部分では、「な・た・も」を使います。

ですが、低学年でしたらすべてを使うのは難しかもしれません。
そこで、「な」と「も」だけを使うなど数を減らすのもいいですし、順番を変えてみるのもOKです。

例えば

ももたろうが、鬼ヶ島に鬼退治に行ったところがかっこいいと思いました。

なぜなら、おじいさんやおばあさん、村の人々のために勇気を出して鬼退治に行ったからです。

たとえば、村のみんなで逃げることもできたのに、ももたろうはそうせずに鬼退治に行きました。

もしも、ももたろうが鬼退治に行かなかったら、村の人々はもっと鬼にくるしめられていたと思います。

これは、実際にうちの娘(6歳)の意見を踏まえて作った文章です。
このように3つもの文章に膨らませることができます。

 

3.おわり

最後のまとめを書きます。
先ほどお伝えした「な・た・も・だ」の「だ(だから)」の部分をこのまとめに使うと、バッチリ決まります。

本題の部分で書いた内容を踏まえて、

だから、ぼくは(わたしは)、○○のように強い人になりたいと思いました。
だから、○○が言ったように、なにごともあきらめずに頑張ろうと思いました。

このように、本を読んだことで得られた教訓や未来像などを書いていくと良いですね。

さいごに…

読書感想文を書くのは、あくまでもお子さんなので親御さんはその作業をうまく進められるようにサポートに努めましょう。

途中で「違うでしょ~」と言いたくなることもありますが、そこはぐっとこらえて。
子供の想像力や発想は、とても素晴らしいものがあります。
大人ではできない表現ができるのが、「子供らしさ」です。

一度、自分で読書感想文を仕上げることができたら次からはもっと簡単にできるようになりますよ。

スポンサードリンク

 - 季節の行事・イベント【夏】 ,