Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

夏休みの自由研究 一年生におすすめの観察とまとめ方!

   

夏休み自由研究一年生

小学校に入学して初めての夏休み。
自由研究ってどんなことをして、どうやってまとめたらいいの?

お父さんやお母さんも、子供の頃に自由研究をされたかと思いますが、どんなことをしたか思いだせなかったりしますよね。

そこで今回は、

・夏休みの自由研究を一年生がする時のポイント
・自由研究で一年生におすすめの観察
・自由研究のまとめ方

をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

夏休みの自由研究 一年生のポイント

一年生の自由研究は、先生も完璧な仕上がりを求めたりはしません。

今、お子さんがどのようなことに興味があるのか、どのようなことに楽しみを持っているのか、等身大のお子さんの表現方法が求められます。

そんな中でも、一番やりやすい自由研究は「観察」です。
観察は、期間がかかるものから、1日でできるものもありますし、何よりも結果がはっきりとわかります。

では、実際にどのような観察が良いのかご紹介していきます。

自由研究 一年生の観察におすすめのものは?

野菜の切れ端栽培

学校などで観察した経験がある親御さんもいらっしゃると思います。
私も小学校のときにやりましたが、大根・にんじん・カイワレ・じゃがいも・ピーマンの種などを育てる過程を研究します。

苺などが入っている容器(トレー)を準備して、そこに水を含ませたコットンを敷いて、その上に野菜の切れ端を並べます。
日々の変化が楽しめる研究なので、一年生のお子さんも興味を持って育ててくれることでしょう。

 

葉っぱの形くらべ

公園や近所にある葉っぱを集めて、その種類と形の違いをまとめる研究です。

葉っぱを新聞紙などに挟んでその上におもしを乗せて乾燥させ、それを研究ノートに貼ると、立派な標本ができあがります。

植物の名前や生えていた場所を書いたり、葉脈がどのように広がっているかなどに注目するのもおもしろいですね。

 

日向と日陰の水の観察

同じ容器に同じ量の水を入れて、日向と日陰においてその違いを観察します。
とても簡単にできますし、日数もかからないのでおすすめです。

容器に先にメモリを入れておくと、どれくらい水が蒸発したのかが計りやすく、写真に撮るとその差がよくわかります。

温度計を用意して、水温の変化も併せて観察すると、より興味深い観察記録ができあがります。

 

アリの行動観察

夏休みの期間中、アリは一生懸命に働いているのでとても観察しやすいです。
アリがたくさんいる場所や、巣がある場所を見つけておいて、その周辺にアリの餌になりそうなものを置いてみます。

その餌をアリたちがどのようにして運ぶのか、何匹かでまとめて運んでいるのか、1匹のアリの動きをじっくり見てみる…など、観察できる行動はたくさんあります。

ただ、あまり炎天下の中、じーっとしていると熱中症などにもなりかねないので、水分補給や休憩などを挟みながら行うようにしてくださいね。

我が家も、アリの行動観察をしたのですが、かなりおもしろくて私の方が熱中しちゃいました^^;

スポンサードリンク

自由研究 一年生のまとめ方

自由研究はできたけど、それをまとめるという作業が実は一番大変かもしれませんね。

一年生では、完璧さを求められることはありませんので自由に書くと良いですが、観察のまとめというのは、次のように書くとうまくまとめることができます。

●タイトル、学年、組、名前
1枚の紙に書くなら、一番上の部分に、ノートなどにまとめる場合は、一番最初のページに書きます。

●研究内容を決めた理由
どうしてその研究をしようと思ったのか理由を書きます。

例えば、「野菜の切れはし栽培」をテーマにしたなら、「おうちでお母さんが、カイワレ大根を育てていたのですが、他の野菜も同じように育つのか気になったので観察しました」というように、お子さんが「あれ?」「なんで?」と思ったことをそのまま言葉にすると良いですね。

●予想したこと
どのような結果になるのか、結果が出る前の自分の予想を書きます。

先ほどの「野菜の切れはし栽培」でしたら、「大根やニンジンは育つと予想しました。それは、どちらも茎や葉っぱがついているからです。ですが、じゃがいもは茎や葉っぱがないので、芽が出ないと思いました。」というような感じです。

●使ったもの、用意したもの
研究するときに使った道具や材料を書きます。

●観察の方法
どのような環境で、どのような方法で研究したのかを書きます。
日数をかけて研究したものは、その期間なども書くと良いですね。

「野菜の切れはし栽培」でしたら、それぞれの野菜が育つ様子を絵に書いたり、写真に撮ったりすると、その様子がよく伝わります。

毎日書くのも良いですし、枚数が多くなりそうな場合は、変化があった日だけを選んでも良いでしょう。

●観察の結果
どのような結果が出たかを、書きます。
自分の感想は最後のまとめで書きますので、ここでは結果だけ書いておけばOKです。

●まとめ
研究をした上での、感想を書きます。
最初に自分が予想したことがあっていたかとか、工夫したこと、うれしかったこと、おもしろかったこと、むずかしかったことなどを書いていきます。

このような流れでまとめると、きれいにまとまります。
文字だけだと書く側も読む側も大変なので、途中で絵や写真を入れたり、色を変えてみたり変化をつけると、さらによくなりますよ♪

さいごに…

はじめての自由研究は、お子さんよりもお父さんやお母さんの方が、悩むことが多いかもしれませんね。
一番大切なことは、お子さんが自分で「気づき」を得ること。
この夏は、お子さんにいろんな発見があるといいですね^^

スポンサードリンク

 - 季節の行事・イベント【夏】 ,