Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

加湿器はないが代用できる!手作りやすぐに部屋を加湿する工夫5選!

   

手作り加湿器

空気が乾燥するこの季節、のどが痛くなったり、肌トラブルが起こったりと嫌な時期ですね。

また、風邪やインフルエンザになると、この乾燥が余計に悪さをしてしまうため、十分な加湿を心がけたいところです。

「でも!我が家には加湿器がない!!」
そんなお宅でも、手作りでできる加湿器の作り方、そして今すぐできる加湿対策をご紹介します。

スポンサードリンク

加湿器がないなら代用しちゃおう!

まずは、おうちにあるものを代用して加湿器を作る方法をご紹介します。
ペットボトルを使います。

【用意するもの】
・500mlペットボトル
・ガーゼ(キッチンペーパーでも代用可。その時は数枚重ねましょう)
・ストローや割りばしなどの棒

【作り方】

  1. まずペットボトルの上の部分を切り取ります。
    場所としては、この図のあたり。手作りペットボトル加湿器
  2. 次に、切り取ったペットボトルの上の方に少し大きめの穴をあけます。
    裏側も同じように。
    手作りペットボトル加湿器2
  3. 上の方に棒を通す穴をあけます。
    こちらも裏側も同様に。
    手作りペットボトル加湿器3
  4. 3で開けた穴に棒を通し、その棒にガーゼをぶら下げて、ペットボトルの中へ。
  5. ペットボトルの中に水と10円玉を入れて完成♪

 

見た目はペットボトル丸出しですが、すぐにできて便利な加湿器です。
10円玉を入れるのは、水の雑菌の繁殖を抑えてキレイな状態を維持するためです。

2Lの大きめのペットボトルで作るのもいいですね。
ただ、倒してしまうと水がこぼれてしまうので、置く場所には気を付けてください。

マスキングテープなどで、デコるとかわいい簡易加湿器になりますよ!

加湿器を手作りしよう!

では、他にも100均の材料で簡単にできる加湿器を2つご紹介します。
この章の最後に2つの加湿器を作っている動画もあるので、参考にしてくださいね。

コーヒーフィルターのオシャレな加湿器

【用意するもの】
・コーヒーフィルター2枚
・瓶やカップ
・はさみ

【作り方】

  1. コーヒーフィルターを2枚重ねて、じゃばらに折ります。
  2. 上をアーチ状にカットします。
  3. 下は斜めにカットします。
  4. できあがったら、フィルターを1枚づつ広げてお花の形を作ります。
  5. 水をいれた瓶やカップにできたお花を差し込んで完成です♪

 

フェルトを使ったかわいい加湿器

【用意するもの】
・フェルト(2~3色あるとかわいいです)
・瓶やカップ
・輪ゴム
・はさみ

【作り方】

  1. フェルトを長方形にカットします。
  2. フェルトを半分に折って、わ(折り目側)の部分を1㎝間隔で縦にカットしていきます。
  3. フェルトを重ねて、ぐるぐると巻いていき、下の部分を輪ゴムで止めます。
    巻くだけで、簡単にお花が完成します。
  4. 水を入れた瓶やカップにフェルトを差し込んで完成です♪

作り方の参考動画

動画の途中にあるように、100均にあるオシャレな瓶や缶を使うとオシャレ度がぐーんとアップ!
インテリアにもなって、加湿器のようには見えませんよね(人´∀`)

スポンサードリンク

部屋を加湿する工夫

他にも手軽に加湿する工夫があります!

タオルや洗濯物を干す

濡らしたタオルや、洗濯物を家の中に干すだけで、かなりの加湿効果があります。
バスタオルなど大きめのものの方が、より加湿できます。

部屋干しのにおいが気になる場合は、窓際に洗濯物を干すといいですよ~。

お湯を沸かす

キッチンでやかんや鍋にお湯を沸かすのも良いのですが、もしストーブがあればその上にやかんを置いておくことで、蒸気が出て加湿することができます。

また、おうちでお鍋などをするのも良いですね!
同じ蒸気で言えば、お風呂に入った後にお風呂のドアを開けておくことも良い加湿になります。
その時は、浴槽のふたも開けておくと効果倍増です。

観葉植物を置く

観葉植物を置くことで、植物が吸った水分が葉っぱから蒸発します。
葉っぱの大きい観葉植物を選ぶと良いですね。

まさに天然の加湿器!

床を水拭きする

床を水拭きするだけでも、水分が空気中に舞うので加湿効果があります。
毎日の掃除のタイミングで、水拭きをするといいですね。

できれば使い古しでなく、きれいな雑巾を使うと、空気中の水分もキレイになります。

霧吹きで水を噴射

1日に数回、霧吹きで空間に水を噴射するだけ。
香り付きの消臭スプレーやルームスプレーなどを使うと、良い香りもして気分転換にもなります。

これが一番手っ取り早い方法かもしれませんね。
水を使用する場合は、毎回新しい水を入れ替えるようにしましょう。

さいごに…

今すぐ加湿器を購入しなくても、加湿できる方法がいろいろあることがおわかりいただけたかと思います。

手作り加湿器は、おうちのインテリアに合わせて好きなように作ることができるので、とってもおすすめです。

空気の乾燥は様々なトラブルを引き起こします。
うまく加湿しながら、この冬を乗り越えてくださいね。

スポンサードリンク

 - 暮らしの知恵 ,