Mama search

好奇心旺盛母ちゃんが、気になる話題を綴っています。

インフルエンザ予防接種料金 補助が自治体や会社である場合も!

   

予防接種

インフルエンザの予防接種を家族全員が受けるとなると結構なお値段になりますよね。
だからといって受けないと、いざかかった時に大変な思いをすることに。
できれば、安く受けることができるといいな…ってお気持ち、よくわかります。

うちは自治体の補助はありませんが、主人の会社からの補助があるので毎年それを利用してインフルエンザの予防接種を受けています。

予防接種を受ける前に損しないためにも、全国のインフルエンザ料金の平均と、自治体や会社の補助が出るのかどうか確認しておきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種料金の違いは?

病院によってインフルエンザの予防接種料金の違いがあることを、不思議に思ったことはありませんか?

実は、予防接種は自由診療(健康保険適用外)のため、病院で独自に料金を設定できることになっています。

2014年~2015年のインフルエンザ予防接種の費用は、全国平均で2939円だったそうです。
うちの近所の病院も大体2500円~3000円ほどの病院が多かったです。

この値段設定の違いは、仕入価格、人件費、一番は病院の方針によって決められているようです。

地域によっては1000円ほどで接種してくれる病院もあったり、10月の早めに摂取する「早割り」や、家族で接種する「家族割り」を実施している病院・診療所もあります。

特に13歳未満の子供の場合は、2回接種が勧められているのでお値段も単純に考えると2倍。
病院によっては、2回目の値段を下げてくれたり、無料とするところもあります。

このように病院も色々と考えており、患者さんに来てもらうために安くされるところもありますし、少しでも安く提供してあげたいという気持ちから赤字覚悟で価格を下げているところもあるようです。

決して、値段が安いから効力がない…ということはないので安心してください。

スポンサードリンク

私は副反応があった時にすぐに診てもらえるように、いつも子供たちのかかりつけの病院で受けるようにしているのですが、接種料金が気になる方は事前にお知り合いの方に聞いてみたり、病院に問い合わせてみるといいですね。

インフルエンザ予防接種の補助が自治体である?

高齢者の方は、各自治外からの助成がありますよね。
しかし、自治体によっては子供さんでも助成があることをご存じですか?

例えば…

【神戸市】
満1歳~13歳未満(13歳の誕生日の前日まで)で神戸市内に住民登録のある方
1回目1,360円の助成

【金沢市】
1歳~6歳のこども(接種日に金沢市民である方。6歳の接種期限は、7歳の誕生日の前日まで)
インフルエンザ、おたふくかぜのどちらか1つを、1年度(4月1日から3月31日まで)1回
上限1,000円まで助成

【新宿区】
区内在住で、13歳未満の方
接種1回1,700円(生活保護受給世帯等の方は無料)

このように、年齢や助成額は様々ですが自治体から補助がある地域があります。
接種する前に必要書類があったりする場合もありますから、必ず事前にお住まいの自治体に確認してください。

インフルエンザ予防接種の補助が会社である場合も!

我が家はこれに当てはまりますが、毎年10月頃になると主人が会社からインフルエンザ予防接種の助成についてという連絡をもらってきます。

これは、加入されている健康保険組合によるものです。

我が家の健保では毎年1人2000円の補助があります。
接種した時の領収書の添付が必要だったり、所定の書類を提出しないといけないのですが、申請方法はそれぞれの健保によって様々ですので、事前にご確認ください。

もしかしたら、ご主人が知らなかったり、伝え忘れていてこのような補助が出る場合もあったりするので、確認してみましょう。
我が家も最初のうちは知らなくて、主人が後になって言い出したんですよ…(恥)

組合のホームページでも確認できます。

まとめ

全ての予防接種が安く受けられるといいのですが、なかなかそうはいきませんよね。
でも、病院によって価格が違うことを知っていれば自分で安く摂取できる病院を探すことができます。

また助成があると、子供さんが多いご家庭は助かりますよね。
おそらく自治体や会社の健保から何らかの連絡があると思いますが、「毎年受けてたのに知らなかったー」ってことになるともったいないので、一度確認してみましょう。

スポンサードリンク

 - 病気・ケガ ,