黒豆がしわしわにならない方法!柔らかいしおいしくなるワンポイント

お正月のおせち料理にかかせない「黒豆」。

私も家族みんなも大好きで、必ず作るのですが、私の作り方が悪いのか…
いつも、しわしわになって、中には薄皮がはがれてしまうものも…

「まぁ、家族で食べる分には問題ないか~!」と開き直っていたのですが、やはりお客様にお出しする機会もあるので、今年はなんとかしてきれいな黒豆を作ろうと思って、実家の母に作り方を教わりました。

すると劇的変化!
もっと早く聞いておけばよかった~!というくらい、とっても簡単なので早速そのポイントをご紹介しますね♪

スポンサードリンク

黒豆がしわしわにならない方法

黒豆を煮る時は、事前準備として黒豆を一晩水につけてふやかします。
この時、あなたはすぐに水につけていませんか?

実は、黒豆がしわしわになってしまう原因はここにあるんです!

水に黒豆をそのままつけてしまうと、浸透圧で豆の水分を取ってしまうことになり、その結果しわができてしまいます。

では、どうするかというと…

『調味料を入れてから豆を一晩つけておく』

このひと手間だけでOKなんです♪

水に普通に調味料を混ぜて、沸騰させなくていいんです。
その中に黒豆を入れて、豆をやわらかくするために一晩放置。

とっても簡単でしょ~(o´∀`o)

黒豆を煮る時にもワンポイントが!

黒豆を煮る時にも1つ注意点があります。

黒豆を煮る時に、煮汁が減って豆が空気にふれてしまうと、しわができてしまいます。
ですので、時々様子を見ながら煮てください。

また、落し蓋をすることで蒸気が逃げず、空気にふれることを防ぐことができるので、私は落し蓋を使うようにしています。

まとめ

驚くほど簡単な方法で、黒豆がしわしわになることを防げることにビックリですよね!

これで、次のおせち料理作りの時にはきれいな黒豆が作れますよ~(o´∀`o)
是非、チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA